アンチエイジングが気になる

脱ケミコスメ宣言!オーガニックって楽しい♪

LOVE♥クレイ


f:id:emicosme17:20161002202808j:image

 

最近、クレイを愛用するようになりました。

クレイって前から興味はあったんですが、買うには至らず、今まで未知なものでした。

しかし、調べていけばいくほどめっちゃいいんじゃないのー♡ということばかり。

じゃあ、買ってみようとなるわけですが、迷うんですねー

これが…

すっごく種類が多いんですよー!

クレイって。

それに奥が深い。

しかし、とにかく使ってみないとわからないので、いっきにホワイトクレイ・ピンククレイ・イエロークレイ・レッドクレイ・グリーンクレイ(全てフランス産:医療グレード)を買いました。

どうしてこんなに買っちゃったのかというと、クレイは種類によってそれぞれに特徴の違いがあるからなんです。

 

クレイって何??って感じですよね?!

地球の4要素の1つである大地、クレイ(粘土)は古来から治癒効果のあるものとして認識されてきました。

特にヨーロッパでは、フランス産のクレイが日常生活の一部として広がっているそうです。

クレイはヨーロッパだけでなく、原住民と呼ばれる部族の間で、薬・ヒーリング・儀式などに使われてきた歴史があります。

クレイは、汚染されていない河岸の地下40~60メートルの間に存在する粘土質から掘り起こされます。

ミネラル分に違いによって色が違い、ホワイト・ピンク・イエロー・レッド・グリーンなどに分けられていきます。

これらのクレイは、日干しされることによってさらにミネラルが活性化するといわれています。

クレイの主な成分はシリカで、マグネシウム・カルシウム・鉄分・ナトリウム・亜鉛・アルミニウム、さらに微量なミネラルも含まれています。

これらのミネラルは有機体なので、ミネラル交換によって体内に吸収されます。

そして、クレイの表面は電気的に負に帯電しているため、分子全体がマイナイオン化して体内の余剰なプラスイオンを吸収し、体外排出する効果があります。

クレイの優れた浸透圧作用により、鎮痛・抗炎症・デトックスなどに利用されています。

また、循環器系を刺激して赤血球を増産し、肌の蘇生を助け、余分な皮脂を調整するとのことです。(E-Conceptionより引用)

 

使い方としては、パック・入浴剤・ヘアケア・歯磨き剤・ボディパウダー・内服(食用クレイ)などです。

私はフェイスマスクや傷やケガ、炎症した部位に湿布するのに使っています。

いろんな色のクレイを買いましたが、グリーンクレイの使用頻度が1番高いです。

クレイの中では、グリーンが1番作用に強さがあるようなんですが、ガツンと効くタイプの方が好きなので、出番が多いですね。

ミネラル含有量が多く含まれ、浄化・吸収力が強く、脂性肌や湿布剤に最適です。

鎮痛用の湿布剤としての効果は抜群ですよ!

私自身に使用するというよりは、家族が使ってみて効果を感じています。

湿布した後すぐにわかるぐらい、痛みや傷が早く治るようです。治癒効果が高いので、クレイって凄いな!!と思うことが増えました。

クレイをどのように使いたいかで、加える精油をアレンジするので用途の幅が広く、本当にマルチで優れています。

 

その他のクレイについてですが、ホワイトが1番マイルドで一般的です。

クレンジング・美白・ボディパウダーとして使われることが多く、ヒーリング効果にも優れています。

コスメとしても使えるので、ホワイトクレイをフェイスパウダーにと思って使ってみましたが、ちょっと乾燥が気になりますね。

しかし、キメが細かいパウダーなので、使い心地は悪くありません。

ボディパウダーとして使えば、汗を吸収し匂いも抑えるのでgoodです。

 

ピンクは、ホワイトとレッドクレイを混ぜたものです。

硬い肌に弾力を与え、たるみを引き締めます。老化肌や敏感肌の人、初心者の人におススメです。

 

レッドは、火山灰からなる独特な構造のクレイで、クロライトを含むため油分を含んだような柔らかい感触があります。

老化肌、乾燥肌、混合肌、水分不足の肌、クレイバスにおススメです。

 

イエローは、水分不足の肌、日焼け後のお手入れに最適。作用の強さはグリーン並みでありながら、パック後のツルツル感と毛穴の引き締まりが特徴的です。

 

クレイペーストの作り方は超簡単。

クレイと水を滑らかなペースト状になるまで混ぜる(マヨネーズのような感じ)

植物油も少しオン(クレイ+水だけでは乾燥しやすいため)

好きな精油又は、用途に合った精油1、2滴(無くても可)

 

・パックの場合は、肌にのせた後15~長くて30分→水又はぬるま湯で洗い流す(洗顔料はNG!クレイは余分な皮脂を除去するので乾燥します)→オイルを付けてマッサージするとさらに美肌に♪

・湿布剤の場合は、ペースト状のクレイを布に2センチほどの厚さに塗り、患部に直接あて90~120分放置→洗い流す

私の使い方はもっと横着で、患部に直接クレイを厚めに塗り、サランラップを巻いて放置しています。

これでも効果はあるので、大丈夫だと思いますね。

そして、リウマチ・関節炎・痛風・腫瘍などの補完的な療法として利用できると思います。

 

 あと、コスメ用として綺麗なローズ色のクレイをチーク用に買ってみました。

発色も良く、ちゃんとチークとして使えます♪

クレイはヒーリング効果があるので、上手にメイクの中に取り入れたいと思っているところです。

また、界面活性剤などが全く関与してないので安心ですし。

それと、クレイのいいところは品質の劣化がないところ。

消費期限はありません。

そして、精油と同じようにお薬みたいに代替療法ができるのが魅力的。

ムダがありません。

治癒効果が高いのにトラブルが起こりにくいのも素晴らしい!

用途が本当に広いので、これから必ずリピするものになりました。

まだまだ、他にもクレイの魅力がありますが、今日はこの辺で。