アンチエイジングが気になる

脱ケミコスメ宣言!オーガニックって楽しい♪

天然のサンスクリーン・ラズベリーシードオイル

f:id:emicosme17:20160508145817j:image

 
紫外線の気になる季節になってきました。
5月の日差しは要注意‼︎
1年のうちで紫外線量が多いのは5月〜9月。
6月には真夏とほぼ同量になるといわれています。
春先から紫外線量がどんどん増えていますから、油断しているとしっかり日焼けしてしまいます。
日焼けはなるべく避けたいので、毎年市販の日焼け止めを買ってきました。
しかし、使い切ることなく途中で止めてしまうことが多いですねー
なーんか肌が重く、違和感があって気持ち悪くなってくるんです。
もったいないなぁ〜って思うんですが、違和感の方が勝つので、いつも使用中止。
でも、使用中止するのがやっぱり正解かなぁ〜と思います。
 
日焼け止めは、紫外線吸収剤のものと紫外線散乱剤の2つに分かれます。
一般的に、紫外線散乱剤を使用したものの方が肌への負担は少ないとされていますが、どちらにしても肌の負担は非常に高いと思います。
成分に酸化チタンとか酸化亜鉛とか書いていますよね。
これっていわゆるペンキにも入っている顔料です。
化粧品に入ってるいるのは必要悪だというのはわかっているんですが、活性も強いですし、紫外線が当たると他の原料や肌の酸化度が高まるのがやっぱり気になってしまいます。
界面活性剤、合成ポリマー、紫外線吸収剤、ナノ粒子が入っていない日焼け止めを探すのは、かなり選択肢が低いので、今年はオイルで日焼け止め効果のあるものを買いました。
 
それが、ラズベリーシードオイルです。
日焼け止め効果のあるオイルはたくさんありますが、ラズベリーシードオイルの日焼け止め効果は優秀のようです。
 
ラズベリーシードオイル SPF 28〜50
●キャロットシードオイル SPF 38〜40
●小麦胚芽油  SPF20
●大豆油 SPF 10
●マカダミアオイル・ヘンプシードオイル SPF 6
●アボカドオイル SPF 4〜10
●アーモンドオイル SPF 5
●ホホバオイル、セサミオイル SPF 4
●シアバター SPF 3〜6
●オリーブオイル、ココナッツオイル SPF2〜8
 
このように、様々な天然オイルだけでもSPF効果があるので、好きなオイルで上手に日焼け予防ができるので嬉しいですよね。
ちなみに、キャロットシードオイルは精油のことです。
他のオイルのような形状のものはありません。
キャリアオイルで希釈した場合に、高いSPF因子を含むといわれています。
しかし、この情報はまだ未知数です。
所詮天然のオイルのこと。
常に安定した状態かどうかはわかりません。
しかし、美容的栄養価の高いオイルですから、優秀なフェイシャルオイルとして使うにはgoodだと思います。
 
ラズベリーシードオイルが優れている点は、リノール酸、アルファリノレン酸、83%のオメガ3、オメガ6の必須脂肪酸が皮膚の酸化的ストレスの影響を低減することが立証されています。
さらに、ビタミンA、アルファとガンマトコフェロール(ビタミンE)、ポリフェノール、ビタミンCが豊富なので、発疹、湿疹及びその他の皮膚病予防に効果があると報告されています。
また、アボカドオイル、グレープシードオイル、ヘーゼルナッツオイル、小麦胚芽油などのオイルと比較すると抗炎症作用が高いようです。
 
現在、ラズベリーシードオイルをオンしてからメイクをしています。
しかしながら、まだこれで実際日焼け予防ができているかは定かではありません。
これからさらに使用を続けてどうなるか?!っていうところです。
それと、ラズベリーオイルって独特の青臭いような匂いがあります。
この匂いがあまり好きではないので、日焼け防止効果のあるフランキンセンス、ラベンダー、ゼラニウムなどの精油を添加して使っています。
精油の組み合わせも相性がありますが、私の場合は肌が強いのであまり気にせず混ぜています。
 
そして、ラズベリーシードオイルは恐らく誰でもOK!というオイルではないように思います。
敏感肌の人は気をつけて下さいね。
人によっては、湿疹やかぶれが見られるようです。
子供に安全な日焼け止めを!!と思って買いましたが、私の娘はブツブツができたので使用を中止しました。
そこで、バジャーのベビー用の日焼け止めを彼女のために買いましたが、これで日焼け防止ができているかと聞かれれば、残念ながらできていません。
現在、娘の顔はうっすら日に焼けています。
スポーツをするので仕方ありませんね。
しかし、安全な日焼け止めだと思うので良しとしています。
 
今後、ラズベリーシードオイルについては検証続行です。
新たに何か効果が感じられたら報告しますね~
 
 
注意として‼︎
ラズベリーシードオイルに、ココナッツオイル、キャロットシードオイルなどをテストせずにミックスした日焼け止めを作ることは、火傷をもたらす可能性もあるので注意して下さい!
という海外のブログを読みました。
ラズベリーシードオイルを日焼け止めとして使う場合は、自己責任になります。
ですから、パッチテストなどをして気をつけて肌に塗って下さいね。