アンチエイジングが気になる

脱ケミコスメ宣言!オーガニックって楽しい♪

クレオパトラも愛したヘナ♡

f:id:emicosme17:20160313094641j:image

 
以前は、ヘアダイを使っていた時期もありましたが止めました。
今はヘナを使っています。
 
知ってました⁉︎
経皮毒の怖さ‼︎
経皮毒とは皮膚から体内に入り込む科学物質のことです。
界面活性剤などが肌のバリアを破壊し、皮膚から科学物質が浸透して、脂肪に溶けた毒素が体内に蓄積したり、血液やリンパ液にも運ばれて臓器に害がもたらされることが指摘されています。
その他、子宮内膜症やその他の婦人科系の病気、アレルギー、ガンや現代病の原因になっているケースも考えられているそうです。
腕の経皮吸収率を1とした場合の体の各部位の吸収率は
足の裏 0.14倍
足首 0.42倍
手の平 0.83倍
背中 1.7倍
頭皮 3.5倍
脇の下 3.6倍
首 6.0倍
頬 13.0倍
口の中 13.0倍
性器 42.0倍
ということです。
 
頭皮の経皮吸収率って高いですよね。
頭皮から吸収されたシャンプーやカラー剤などが子宮に溜まり、羊水が濁っていたり、ベテランの助産師さんに言わせるとシャンプーの銘柄を当てることができるといいます。
怖いですよね〜
これ‼︎
使うものを本当に吟味しないとダメですね。
小さい頃からシャンプーでかぶれたりしていましたから、厳選したものを使っていました。
ですから、肌に比べて頭皮は安全に守られていたかなと思います。
それに、将来的にレディスウィッグのお世話になりたくないですしね。
 
そこでヘナの登場です。
ヘナの歴史は古く、メソポタミア文明では既に栽培され、染料として使われていたといいます。
古代エジプトではミイラを包む布を染めるのにヘナが使われていたとか。
クレオパトラがヘナの愛用者であることは有名です。
一般の女性達も髪の毛や手足の爪をヘナで染めていたといいます。
イスラム教では幸運をもたらす植物とされています。
ヒンドゥー教の女神ラクシュミーは、ヘナの女神ともいわれ、美と豊穣の女神として愛され続けています。(日本では奈良薬師寺に祀られている吉祥天女として有名)
インドでは、結婚式の数日前には花嫁にメヘンディの儀式があり、手足に施されます。
現在では、ヘナタトゥーとして普段のオシャレに親しまれています。
 
f:id:emicosme17:20160313111048j:image
写真の手の平に施されているのが、ヘナを使用したメヘンディ(ヘナタトゥー)です。
綺麗ですね〜♪
 
さてヘナの効能ですが、イスラム医学やインドの伝承医学では、殺菌・鎮静・消臭・冷却効果があることいわれています。
薬草として湿布剤・傷薬・止血・火傷・吹き出物・打撲傷・生理不順・皮膚病・肝臓病にも効くと伝えられています。
 
頭髪にはカラーリング作用だけではなく、トリートメント効果も抜群です。
髪のタンパク質を修復し、水分量もアップ。
だから、ハリ・コシ・ツヤが生まれます。
髪質を選ばないので、くせ毛、太い髪、細い髪の人など、それぞれのお悩みに柔軟に対応してくれるのが嬉しいところ。
また、毛穴を掃除してくれるので頭皮の毛穴がスッキリ。
 
ヘナの染め方ですが、私のヘアーの長さは肩より上なので、いつもヘナは50gくらいを目安に使っています。
それをボールに入れて、ヘナの4倍のお湯(50〜60度)で溶かします。泡立て器でマヨネーズのような固さになるようになればOK。好みの固さにすればいいと思います。
溶かして15分ほど寝かせるだけで染めることができるヘナもあれば、それ以上寝かせる必要のあるヘナもあるので使用方法に倣って下さい。
つけて1時間→お湯で洗って終了。
 
なんですが、いつもしていることはヘナ染めをする前に必ず頭皮と顔もしくは額〜耳の上、首周りにオイルをつけています。
このオイルをつけていることで、染まって欲しくない皮膚を保護します。
そして、ヘナは油分を吸収する力が強いのでゴワつかず、しなやかな染め上がりになります。
それから、ヘナ染めをした後は湯シャンだけしてシャンプーはせず、染めてから24時間後にシャンプーしています。
ヘナ独特の匂いは残ってしまいますが、本来トリートメント効果のあるものなので大丈夫なのと、ヘナは自然のものなので定着するための時間が必要です。
 
ヘアカラー剤を使ってきている人は、髪にダメージが強いので、最初ヘナだけではなかなか染まらないと思いますが、髪が健康になってくると、ヘナ染めを頻繁にしなくてもよくなってくると思います。
 
最初、ヘナ染めを難しく考えていましたが、コツを掴めばとっても簡単です。
髪も健康になって、今はLOVE♡ヘナです。
ヘナだけだとニンジンみたいな色になってしまうので、インディゴがブレンドされたヘナ染めを使ってダークブラウンにしています。
科学染料がブレンドされたヘナは、簡単キレイに染まるとされ市販されているようですが、それはヘナとはいえないですね。
ヘナはヘナだけじゃないと意味がないです。
裏書きを見て、天然のものを買って下さいね。
 
生理不順や更年期の人にも良い結果があるといわれているヘナ。
婦人科系が気になる人は、ヘナに切り替えていくといいかもしれません。
美と健康に相乗効果があるなんて、女性にとっては嬉しいですよね。
いろんなヘナがあるので、皆さんも楽しんでみて下さい。