アンチエイジングが気になる

脱ケミコスメ宣言!オーガニックって楽しい♪

スパイスの王様・シナモン

f:id:emicosme17:20160221105941j:image
香りのするスパイスの中で1番好きなのがシナモンです♡
人によって好みがあるでしょうから、苦手な人もいると思いますけど、私は毎日何かの温かい飲み物にシナモンを入れて飲んでいます。

シナモンって違いがあるのをご存知でした⁇
シナモンは、セイロンシナモンとカシアに分かれます。
セイロンシナモンは、「スリランカシナモン」と呼ばれ、熱帯地方に生える月桂樹と同じ常緑樹の樹皮の内側の層のこと。
こちらが、本物のシナモンです。

カシアは、カシアの木からシナモンによく似た樹皮が取れるため、いくつもの種類から食用として収穫されており、それらにはカシアの名がついています。
カシアはシナモンより安価なので、普段食べているお菓子やシナモンロールなどのほとんどのシナモンは、カシアだと思っていいでしょうね〜
アメリカでは、どちらの商品にも「シナモン」と表記することが認められているようです。
日本で売っているスパイスのシナモンは、セイロンシナモン(本物のシナモン)とシナモン(カシア)に分かれいますが、どっちが本物⁉︎なんて知らない人の方がほとんどでしょうね。
それを知らなかったので、以前はベトナム産のカシアを買ってしまっていました。
カシアって、いわゆるシナモンの香りが強いんです。
うーん、シナモンっていい香り♪と思っていたものが、カシアだったなんて…
ガーン‼︎ (涙)
ですから、甘くて刺激的なプーンとくるシナモンは、実はカシアだと思われます。
セイロンシナモンは、カシアほど強い香りがありません。
セイロンシナモンの香りは、甘く温かみと森のような感じで、味は少しほろ苦さがあると思います。
カシアは、香りも味も甘さと強さがあります。
そして、色や形にも違いがあります。
セイロンシナモンは、薄茶色または黄褐色で、経皮スティックは同心円状に幾重にも薄い樹皮が巻いています。
太さは、1センチの3/4くらいでしょうか。
カシアは赤褐色で、ロール状に巻いているものの1枚1枚の層が厚く、重なる層が少ないというのが特徴です。

さて、シナモンの美容・健康効果ですが、
抗菌・防腐効果
血流改善
血栓予防
発汗作用
胃や腸を健康にする効果
消化を促進する効果
糖尿病の予防と改善
高血圧の改善
血糖値を下げる効果
毛細血管の修復と老化防止
シミ・シワ・タルミ・むくみ予防
ニキビ予防
口臭予防
抜け毛予防・改善
ダイエット効果
風邪予防
などがあります。

特に注目したいのが、Tie2(タイツー)の活性化による毛細血管の老化防止と修復効果、そして女性ホルモンに似た作用があることです。

Tie2とは、簡単にいうとできるだけ老化を防ぎたい血管の救世主的役割を果たすものです。
Tie2の働きが活発になると血管が守られ、老化を防ぐことになるということなので見逃せないですね。
血管が老化してしまうと栄養や酸素が漏れやすくなり、老廃物を回収する機能が低下して、老廃物がそのまま体内に蓄積されてしまいます。
それがいわゆる“むくみ”の正体ですが、むくみは、不良な血管やリンパ管がある状態のこと。
できれば防ぎたいですよね〜!
Tie2そのものだけがあればいいのかというとそういうわけではないですが、血管自体を健康で安定したものにすると、老化防止、シワ・むくみの予防、スリミング、関節ケア、中世脂肪の回収、メタボ予防、育毛、アイケア、ED予防などの多くの疾病の改善につながる可能性が高くなります。
一度老化した血管は、なかなか元には戻らないそうなので、予防は大切ですね。
血管の老化が肉体の老化に繋がるという概念。
そして、血管のアンチエイジングのカギを握るのがTie2ということです。
シナモンに含まれているこの成分。
スゴイですね〜!

アンチエイジングの基本は、血がどれだけ綺麗かで決まると思っていましたが、血管のことまで考えが及んでいませんでした…
普段から好きで摂っていたシナモン。
体には結構すぐに効果があるようですよ。
それっていいですね。
今までもっぱら何かのお茶にシナモンをフリフリしていましが、シナモンスティックを煮出したシナモンティーも良さそうなので、これからはこれも飲もうかな〜♪って思っています。

シナモンティー作り方
ポットに割ったシナモンスティックを入れ、沸騰させたお湯を入れて抽出を待つだけ。
いわゆる紅茶の入れ方と同じです。
シナモンスティックティーは、色が出なくなるまで抽出OKみたいです。
ただし、当日限りにして下さいね。
これを、朝の空腹時に飲むとデトックス効果が高いようです。
いいですね〜♪
痩せたい人は、特にいいと思います。
シナモンティーだけでは飲みにくい人は、蜂蜜と一緒にどうぞ〜!
蜂蜜は加熱が厳禁なので、熱いお茶の中には入れず、生のままで召し上がって下さい。
この蜂蜜も生蜂蜜、ローハニーと表記されてるものにして下さいね。
(また、蜂蜜については書く予定です。)

シナモンの摂取量は、1日3g〜6g程度。
長期的に10g以上摂るのは、肝機能に影響を与えるようなので注意して下さい。
そして、スリランカ産のセイロンシナモンを選んで下さいね〜♪