アンチエイジングが気になる

脱ケミコスメ宣言!オーガニックって楽しい♪

サフランクリーム•サフランオイル


f:id:emicosme17:20160110104323j:image
これは、KumKumadi Lepamというサフラン配合のクリーム。
インドの製品でアーユルヴェーダの処方に基づき作られたクリームで、ニキビや吹き出物、クマ、シミ、傷跡、ストレッチマークを軽減するために効果があるとか。

成分は、サフラン、蓮、スオウ、クルマバアカネなど。

中身はサフランの赤色で、赤いクリームというのがなんとも独特。
見た目が赤いので一瞬ギョッとしますが、伸ばすとスーッと肌に溶け込み色は消えます。
香りはサフランの香りがベースで、ゴマ油の香りもするように感じます。
アーユルヴェーダでは、オイルといえばゴマ油が基本なので、このクリームにも入ってるように思いますね〜
とにかく、色も香りもサフランなので独特ですが、ノンケミなので安心です。
インドでは、肌のお悩みで目の下のクマが気になる人が多いようなので、サフラン配合のクリームでクマ対策をしているようです。

f:id:emicosme17:20160110113652j:image
こちらは、BIOTIQUEのサフランデュークリーム。
バイオテーク社は、スイスのバイオテクノロジーとアーユルヴェーダを融合しているメーカーで、
•有害な科学物質を一切使用しない
•天然成分以外の染料や防腐剤を使用しない
動物実験をしない
•全ての製品はエコ的に生産され、生物分解可能なものに限る
という方針で安心な製品を作っているメーカー。

成分は、サフラン、ピスタチオエキス、春ウコン、アーモンドエキスなどが含まれ、天然ミネラルとビタミンを補給し、若々しくみずみずしい肌へと導くアンチエイジング向けのクリーム。

このクリームは、外国製品独特のフローラルベースの香りがします。
日本でも昭和時代にはあったよね〜というようなややレトロな感じを彷彿とさせる香りでしょうか。
好き嫌いはあると思いますが、つけた後しばらく経つと香りは飛びますから気にならなくなります。
使用感はサラッとしていてすぐに馴染むので使いやすいですね。

f:id:emicosme17:20160110122423j:image
これは、サフランタイラムというオイル。
顔のマッサージに使用するアーユルヴェーダサフランとハーブをミックスしたオイルです。
肌を白くし、ニキビ、ニキビ跡、シミ、シワ、傷跡、日焼け後のケアなどに有効なのだとか。
成分はインドのハーブがふんだんに溶け込んだオイルで、薬草名を見ても知ってるものもありますが、わからないものが多くて残念⤵︎
しかし、良いのはわかる気がします。

使い方は、夜寝る前に8〜10滴のオイルを顔に塗り2〜3分マッサージをする。
または、3〜5滴のオイルを顔に塗り、優しくマッサージ。
10〜20分後に洗い流すことを一週間に2〜3回するのがオススメのようです。

私の場合は、夜寝る前にハーブウォーターをつけた後このオイルを塗るだけ。
顔のマッサージはしません。
首まで塗るので、首の甲状腺のマッサージはしますけどね。
いろんなオイルを使うので、今日はこれにしよう!という感じで気分によって使いわけているために実際このオイルの効果がわからないんですが、人によっては翌朝ふっくらしていたり、時間の経過と共にシミやニキビや傷跡などが薄くなったりしているようです。
しかし、このオイル。
使いにくいんですよー
ロールオンタイプになっていて、コロコロしてもオイルが出てきやしない…
顔に直接つけることができない上に、そんなことをしたら痛いので、手の平に根気よくコロコロしてオイルを出してやっとの思いで塗ってます。
これも匂いが独特で、サフランゴマ油の香りがします。
色も赤褐色で濃いめ。
顔に塗って色素沈着することはなく、これも肌にすっと入っていきます。

インドのコスメは、日本人の私から見るとホント独特。
今回のサフランやウコン配合のものなどは、インドでは古き昔から美肌になるためのハーブとして、内服も外用もできるスパイス。

サフランは、パエリヤやブイヤベース、サフランライスなどで知られていますが、肌につけていいとは思っていませんでした〜
血液の代謝や循環によく、女性の生理体系に良いことから、女性には嬉しい効果が多いようです。
また、ウコンは別名ターメリックと呼ばれ、日本ではカレー調味料として、二日酔い対策で知られていますが、インドでは料理以外に外用として、古き昔から肌を柔らかくして炎症を鎮めると同時に、穏やかな殺菌力と自然な漂白作用があることから、シミ対策に使われてきたようです。

それにしても、インドは「世界の薬局」と謳うだけありハーブが豊富。
しかも薬効がハンパじゃないですね〜
他にもまだまだ素晴らしいものがありますが、もう書ききれないのでまた次回に回させて下さいね。