アンチエイジングが気になる

脱ケミコスメ宣言!オーガニックって楽しい♪

飲む点滴 甘酒

f:id:emicosme17:20160102080017j:image
明けましておめでとうございます。
また新たな年になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
本年も皆様にとって良き年でありますように。

さて、甘酒ですが昨年はよく飲みました〜
夏バテ気味だったので、滋養強壮や疲労回復に抜群でした。

甘酒の起源は古墳時代に遡り、『日本書記』に甘酒の起源とされる天甜酒(あまのたむざけ)に関する記述があるほど歴史があり、日本の伝統的な甘味飲料の1つです。
江戸時代では、庶民の健康を守るため老若男女問わず購入できるように価格制限を設けていたそうです。
俳句においても夏の季語のとおり、かつては夏の風物詩。
夏に飲む場合は、夏バテを防ぐ栄養豊富な甘酒は滋養強壮に効果的です。

甘酒には2つのタイプがあります。
それは、米麹と酒粕の2種類です。

米麹のタイプは、砂糖不使用・アルコールゼロ・お酒独特の匂いなし

酒粕タイプは、甘さを出すため砂糖使用(カロリー高め)・アルコールが含まれる・お酒独特の匂いあり

大きな違いは、砂糖とアルコールの2点です。

甘酒の栄養は、ビタミンB1、B2、B6、葉酸食物繊維オリゴ糖システイン、アルギニン、グルタミン酸などのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているこの栄養分が点滴と類似していることから、「飲む点滴」と称されるようになったようです。

そして甘酒の効果・効能は
美白・美肌・美髪効果
便秘改善
疲労回復
滋養強壮
ダイエットサポート

私の場合、お酒は飲みませんので米麹の甘酒を飲んでいますが、アンチエイジングの観点からも米麹タイプの甘酒がオススメです。
甘酒を飲むようになってから、1番わかりやすい効果は美白だったように思います。
いろんな食品を取り入れているので、一概に言えないかもしれませんが…
しかし、成分の中にシステインが入っていますからね〜!
これは美白サプリに必ず入っている主成分ですから、効果がないわけがないですね。
それにコウジ酸は、過剰なメラニン生成を抑えてくれるし。
そして、ビタミンB群の中でもビオチンは皮膚を健康に保つのに必要な成分で、コラーゲンの生成に活躍してくれます。
だからハリも生まれるわけですね。
当然、髪もキレイになってきます。
お肌もしっとりしてくるし、いいことずくめ♡
アンチエイジングの観点からいうと、甘酒を発酵させてくれる麹菌が出す100種類以上の酵素のおかげで、私達の消化酵素を節約できるため、自身の酵素を細胞の入れ替わりや修復に使うことができ、結果、若返りが期待できるようになります。
それほど食品からまず酵素を体内に取り込むのは、病気にもなりにくい上にキレイになっていきます。
また、食物繊維オリゴ糖のおかげで腸内環境が良くなり便秘は解消へ。
吹き出物の予防やダイエットにもいいですね。
ビタミンB群は、脂肪燃焼に働くので更にダイエットに効果的。
それに加えてビタミンB群とブドウ糖が疲労回復をサポートしてくれます。

こんな素晴らしい甘酒ですが、飲み方として1日約200mlを目安に摂ります。
体に良いとはいえ、飲み過ぎるとカロリーオーバーになります。
とにかく、継続が1番です。

今や甘酒も、ベーシックなものから発芽玄米・黒米などアレンジされたものが沢山あって、どれも風味が違って美味しいです♪
私はストレートに飲めるタイプを飲んでいますが、時々ピュアココアを入れたりシナモンを入れたりしています。
人によっては、豆乳と1:1で割ったり、生姜を入れて飲んだりといろんなレシピがありますから好きな飲み方でどうぞ〜

お子様や妊婦さん、ダイエット中の方はアルコール・砂糖を含まない米麹の甘酒を選ぶようにして下さいませ!

f:id:emicosme17:20160102092531j:image