アンチエイジングが気になる

脱ケミコスメ宣言!オーガニックって楽しい♪

オイルと恋愛中♡

f:id:emicosme17:20151228084526j:image
アロマテラピーに出合ったのは、20年数年前のことでした。
その頃は今のようにポピュラーではなかったですし、インターネット通販もなかった時代でしたから買うこともできず、どんなものかもわからないながら大変興味を持って、本だけ沢山読んでいたことが思い出されます。
当時は精油ばかり注目していましたが、今は何と言ってもオイルに夢中です。
脱ケミ美容をする上でオイルほど自然で効果のあるものはないんじゃないかと思うほど惚れ込んでいます。
オイルを選ぶ際の注意点としては、コールドプレスでオーガニックなものを選ぶということ。
有名なブランドだから…ということではなく、安全だと思えるものを選ぶようにしています。
人によっては、精製されたものの方がいい場合もあると思うんですが、私の場合肌が弱いわけではないので、なるべくオイルが抽出されたままのものが好みです。
最近、こんなにオイルばっかり買って大丈夫⁇っていうくらいあれこれ買って喜んでます♪
それほどオイルの凄さを実感してしまったので、他の大換品がないということでしょうか。
以前のブログにローズヒップオイルやアマニオイルについて書きましたが、オイルっていろんなものがほんといっぱいありますし、これまた効果・効能がそれぞれ違いますから、今の自分に合うものを探している段階です。
これについては今後、随時書いていこうと思っています。
現在、沢山のオイルを試していますがその中でもやっぱりいいと思ったのがアルガンオイルです。
以前から美容液以上の効果を発揮する神オイルとして注目され、愛用者も多いオイルです。

アルガンオイルとは、モロッコ西南部の乾燥地帯に生育するアルガンツリーの実の核から採取されるオイルのことで、約100kgの実からわずか1ℓしか採取できない希少価値の高いオイルです。
そして、現地では「生命の実」として大切にされ病気や治療薬として使用されてきた優秀なオイル。
抗酸化力・活性酸素の除去力が強いオイルで、皮膚を癒す効果が高いオイルといえます。

《効果・効能》
美肌効果
エイジングケア
むくみ改善
ダイエットサポート
便秘改善

オリーブオイルの約2〜3倍のビタミンEが多く含まれており、特にビタミンEのα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)トコフェロール4つの全てを含み、特にγ-トコフェロールを多く含んでいます。
ビタミンEといえばα-トコフェロールを指すことが多いですが、サプリメントだとα、β、γ、δの全てを含むビタミンEが高評価なのを考えてみれば、アルガンオイルの凄さがわかりますね。
それ以外では、オレイン酸フィトケミカル・不けん化成分が肌の乾燥やアンチエイジングに大活躍してくれます。

アルガンオイルは粘性が低いので、サラッとしていてベタつかず凄く使いやすいので気にいっています。
また、刺激が少なく浸透力も高いので全身に使えて便利です。
古来、日焼けケアに使われていた歴史もあるので、光毒性は低いと考えられています。
アルガンオイルが1本あれば何でも使えるので、コストパフォーマンスもいいところが素晴らしいですね。
ただし、アルガンオイルが合わない人はニキビが悪化する可能性があるようです。
アルガンオイルに含まれるオレイン酸が、ニキビの原因菌と相性が良いため注意して使う必要があるので気をつけて下さい。
反対にインナードライ肌、乾燥肌にできるニキビの場合は、オレイン酸不足のニキビと言われているため、改善するケースもあるようです。

アルガンオイルは食品用と化粧品用がありますが、国や「IGP」というEUが定めた品質保証のあるもの、オーガニック認定表示があるものがオススメです。